残業手当・深夜手当・休日手当

時間外労働や深夜労働、休日労働などの残業に対する割増賃金について説明します。

 

まず、時間外労働ですが、これは「1日8時間または週40時間」と規定された法定労働時間を超えた労働を意味します
。この時間外労働に対して、基本給とは別に残業手当が支給されます。

 

もし、所定労働時間が法定労働時間を超えていなければ、残業手当は支給されません。

 

次に、深夜労働ですが、これは深夜(夜10時〜翌朝5時)に及んだ労働を意味します。
この深夜労働に対しても、基本給とは別に深夜手当が支給されます。次に、休日労働ですが、これは職場の所定休日に及んだ労働を意味します。

 

しかし、法定休日は労働基準法で週1日と定められていますので、週休2日の職場で2日ある休日のうち1日だけ労働した場合は支給されません。
これは時間外労働にカウントされます。
そして休日労働に対しても、基本給とは別に休日手当が支給されます。

 

それでは、各手当の現在の割増率を以下にまとめます。

 

★割増利率

残業手当 2割5分以上
深夜手当 2割5分以上
休日手当 3割5分以上

※この割増率は、社会情勢に応じて、政令で変更される場合がありますので、ご注意ください。

 

次に、特異な例について紹介します。
例えば、職場の所定労働時間が9:00〜17:30として、23:00まで働いた場合、17:30から22:00までは2割5分以上の時間外手当が発生し、22:00から23:00までは2割5分以上の時間外手当+2割5分以上の深夜手当が発生します。
つまり、前者の4.5時間は2割5分以上で、後者の1時間は5割以上の割増賃金が発生します。