パート、アルバイトのサービス残業問題

パートやアルバイトであってもサービス残業をさせられるケースがあります。
サービス残業は労働環境で常態化していることが多く、比較的弱い立場であるパートやアルバイトはサービス残業があっても断りづらいのが現状です。

 

例えば、勤務時間が過ぎているにもかかわらず、ゴミ捨てや片付け、掃除などを課す職場があります。
また、勤務時間開始前に準備作業をさせる職場もあります。

 

これらの作業に対して、残業代が支払われないことは、労働基準法上違法な行為です。
しかし、そうした作業が10分程度であったりするので、その手のサービス残業をパートやアルバイトも許容してしまいがちです。

 

労働基準法上には、分単位に対する労働時間について細かく規定していないので、10分程度の雑用に関しては、労使ともに軽視する傾向があります。
また、パートやアルバイトであっても、法定労働時間を超えた場合、時間外労働手当てを支払われなければなりません。
しかし、時間外労働手当ては支払われず、サービス残業をさせられているケースもあります。

 

そして、特異な例ですが、かけもちアルバイターの場合、労使ともに気づかぬところで、サービス残業が発生していることがあります。
例えば、1日に複数の職場をかけもちするアルバイターが、一箇所目の勤務先で法定労働時間内に勤務を終えたとしても、次の勤務先で、そのアルバイターの一日の総労働時間数が法定労働時間を超えた場合、割増手当てを支給しなければならないのです。
この点、見過ごされ、結果としてサービス残業をしているケースがあります。